どの程度の資格があれば、就職出来るの?

どの程度の資格があれば、就職出来るの?

資格を取得した方が就職がしやすいというようなことは、普通で考えると分かることかもしれません。もちろん素晴らしい技能を持っていて、資格は関係なく技能を認められるということもあるでしょう。

 

 

 

でも履歴書などを見せる時に、ネイリストの資格があるというだけで面接まで進むことが出来るということもあるのです。つまりはネイルサロンにおいて、就職条件として資格を重要視しているというところもあるということなのです。
例えばJNEネイリスト技能検定2級以上を応募のラインにしているというようなサロンが多いというような現状があります。この合格率は毎年大体20〜30パーセントです。低いため、なかなか合格出来ないというようなことがあるかもしれません。

 

 

 

でもその分合格した時の喜びが大きいということはあるでしょう。そして自分が希望しているサロンに就職出来る確率がぐんと上がるわけですから、資格取得のために学ぶことはとても必要なことになります。

 

 

 

この資格においては、ネイルケアや、カラーリングなどの技術の正確さが合格につながるということが分かっています。そのためこの資格を取得しているということは、ネイリストとしての基礎の技術を大体は取得しているという判断の目安になるのです。
サロンとしても雇うからにはきちんとした人を雇いたいと思うわけですから、その判断基準として資格が関係してくることになるのです。資格はいわば自分の財産であり名刺代わりのようなものだと思います。そのため努力して取得する必要があるものです。


このページの先頭へ戻る